325

昨日の話。
神戸にてちょとハラハラの仕事も無事終え、ホっとした後、メンバーと一緒に三宮・トアロードにある老舗ジャズ喫茶“木馬”(でも木馬は夜のBar時の店名らしく昼カフェの時は名前が違うらしいけど・・・)でお茶&ミーティング。

この“木馬”さんは、この日の仕事も一緒にやっていたピアノ多久ちゃんのやっている「童謡サロン」というユニットのお唄の方の旦那様がやってらっしゃるお店。

その旦那様=マスターというのが、この上なく渋い空気をかもし出してるらっしゃる方なのだけど、これまた喋るとまた一味違った面が表れたりしてとっても素敵な方。
そしてマスターのご夫人のソプラノ・シンガーの深川和美さんは、さっき記した「童謡サロン」のお唄の方です。
笑顔がほんっとに素敵で和美さんの周りにはホワッとした暖かい空気に包まれております。そんな空気に落ち着きを感じて来るお客さんも多いんじゃぁないでしょか。
ウタゴエも素晴らしいですょ。

私はまだ実はライブを観た事がなくってCDでしか聴いた事しかないのだけど、昔からよく知られている童謡や大切に受け継がれてきている地方の童謡などなど、ジャズやポップな色を加えたメンバー独自のアレンジですごく新しい形に生まれ変わっています。

パーカッションも素晴らしく(なーんと以前shangoのサポートでアグレッシブなパワー漲るパーカッションを奏でていたTAIKOMAN 土居君です!)、ライブではタップダンサーが一緒に参加してたり、他にもフルート奏者さんやちんどんやさんが参加なんて事もあったりするみたいで、とっても楽しそう!

f0042034_14341290.jpg
「童謡サロン」のCDはコチラ→

『俵はごろごろ』 

深川和美の童謡サロン 

が発売中ですよ。

定価 2000円(税込み)





f0042034_1358415.jpg話は随分それましたが、、、
そーして、その“木馬”さんで束の間のブレイクタイムをとった後、即行で大阪に戻り、KOZと多久ちゃんは京橋の某スタジオにてレコーディング。

急な話で、デモ音源を録らなければいけないという事で、3曲RECするつもりだったのですが、時間も無いって事でとんでもなく短時間で録り終えなければならない状況。
2人とも何せ休む暇なく一生懸命やったのですが、結果2曲RECまでは終えました。
嗚呼゛ー。3曲録られへんかったぁ・・・。
あと一曲やったのにぃ、残念。
多久ちゃん忙しい中Thanks!


終わってから、多久ちゃんと立ち喰いうどん屋さんへ。
前の路上に若干の机と椅子はあるので座ってホッと一息、多久ちゃんは“いなりそばセット”、KOZは久しぶりに“カレーうどん”を食べ、温度急上昇。
んまかったー。
最近の、昼間は春っぽく暖かいのに夜になると体の芯から冷えるこの気温には、参ります。そんな夜にはうどんみたいな汁もんがたまりません。

しかも立ち喰い、しかも低価格、しかも美味い。

東京から出張で来てるというサラリーマンのおっちゃんがKOZの前に座り、大阪は気さくでいぃよねぇ~的な話をして、皆友達屋台気分。

帰りの電車は疲れすぎて途中から気失うように寝てたらしく、またもや終点まで行きかけたのですが・・・・危機一髪!降りれた自分を誉めてあげたーぃ。
[PR]
by respect0074 | 2006-03-26 15:01 | ■日々ポツリ・・・
<< THANKS!!! 3.28 歪み矯正中 >>