さくら。

f0042034_2303810.jpg

先日、近所の桜が満開の日におばあちゃまを連れて、桜を観に行きました〜!

毎年、体調がよければ行ける時に勿論連れてゆくのだけど、数年前や1年前ともまた違う喜びがありました。

おばあちゃまは、大正5年生まれの96歳だけに、2年前とも違えば1年前とも違う状態。
体自体は元気にいてくれてるし内蔵疾患などもないので本当に幸せな状況だけども、数年前と徐々に違うのは認知症がやはり年を重ねる毎に進行してるという事。
そして、これは前から同じだけど完全に車椅子だしね。


でも、変わらず可愛いおばあちゃま。最高に私の癒しですわ。

今年の冬は寒かったし、あまり外にも連れていってあげれなかった。
認知症がすすむにつれ、大好きだったお花にもほとんど興味は向かなくなっている。
けれど、今回ちょっと無理してもお花見に連れていってあげて本当に良かった〜!

たくさんいるお花見の人を見ながらも、いつもすぐに目が閉じてしまうおばあちゃまでもしっかり目を開いていろんな人をキョロキョロ見たり、言葉はうまく出ないけど何か伝えようとたくさん話そうとしてたし、花を見て『キレイやな〜』と声を出してたし、子供達がはしゃぐのをマジマジと見ながら、こけそうになる子を見て『危ないよ〜』と声かけようとしたり。

普段は全然うまく言葉も思い出せなくて言えない事も多いけど、満開の桜やたくさんの楽しそうな人々を見て急に思い出したかのようにハッキリ言葉を言い出したりするのをみて、本当に嬉しかったなぁ!

日頃いろいろ話しかけたり、話せる範囲で話したりはするけれど、おばあちゃま自身の心に触れて記憶を少し思い出せるものというのは、いろんな事してあげないとどれかわからないので難しいけど、やっぱり日常にはない事してあげるのもやっぱり大切だなぁ〜と痛感。

長時間は無理だけど、でもとっても嬉しそうで、お花見しながらみたらし団子を美味しそうに食べて満喫してました!サイコ〜♪

それ見てたら、すっごい幸せな気持ちになりました。


しかし、桜って本当にキレイだけど、儚い。。。
もう近所の桜は緑の葉が出だしてるし、やっぱり大好きな春は短いなーーーー!!!

春はきたところだけど、油断してたらすぐ終わる!
満喫しないと〜。


春だけに、カラダもどんどん動かしたくなる時期。
秘かに好きなヨガも、より気持ち良い季節です。

シャバアーサナが大好き。
大好きって言い方もおかしいけど(笑)
でもとってもあの全てを解放した時間が自分にとって大事。
あるのは“今”だけ。
それって難しいけど素晴らしい。

インドの方によれば、簡単にシャバアーサナと言うなかれ。という感じらしい。
そんな簡単なものではないので、スカアーサナと言うべきだと。
奥深いなー。
[PR]
by respect0074 | 2012-04-12 23:32 | ■日々ポツリ・・・
<< パレルモ〜♪ 聖地へ! >>