タイムスリップ!

f0042034_20525720.jpg
2006年明けてから、ずっと行きたいと思いながらなかなか行けてなかった『タイムスリップ 大阪万博展~EXPO'70とその時代~』に行って参りました。

やっと行けたー!嬉。

入場したと同時にデデン!と現るのは、岡本太郎さん作の『万博オープニングの鍵』
まさしくTaroさんです。
‘人類の未来を開く鍵’という願いも込められていたらしいこの鍵…この鍵は勿論の事、他のもの全て、Taroさんが残した自由とバクハツの結晶ともいえる作品や言葉達は、間違いなく未来を開いてると思います。

入り口近くに並ぶはTaroさんの作品と、なななんと、Taroさん実物大人形!!!蝋人形?
157cmしかなかったTaroさん…こうやって実物大で見るとやっぱりチッチャイのねぇ。

先に進むと太陽の塔の内部が少し再現されている空間!
当時もこの太陽の塔内部で流されていたという音楽もそのまま流れていて、ちょとだけ1970年にタイムスリップ気分。

他にも、いろんなパビリオンのコーナーがあるのだけど、やっぱり目をひくのが万博コンパニオンのユニフォーム!!!
当時ってちょうど超ミニスカート大全盛だったのよね!
ほんっとどのユニフォームもミニ・ミニ・ミニ!!!短!!!
しかも、まさしく70年代!な感じで、色使いもデザインも超キュート!
可愛いったらありゃしない…KOZ好みなBEST!!な形の帽子…あれ欲しい~。

そして、パビリオンの一つ、松下館が地下深くに埋めているというタイムカプセル。
これかなり興味深い…。
まず西暦2000年にあけ、以降100年毎にあけていくというタイムカプセル。
もうすでに一回あけられてるので、取り出されたもの達の数点が展示されておりました。
そして、さらに奥深ーい地下に埋められてるのは、1970年から5000年後、つまり西暦6970年に取り出されるというタイムカプセル…先ながーーーーーーーーぃ!!!
いったい何が埋められてんだろ…。
それは知る事なく終わるのね(涙)
しかし、そう考えると、5000年後の地球って…
どうなってんだろ…。
想像したらちょと怖い。。。

ほんでもって、もひとつ目を奪われるのは、やっぱり『人間洗濯機』ね(笑)
これ入ってみたい。
これは、サンヨー館の展示物なのだけど、その他にも興味深いもの沢山ありました。
書ききれん。

以前、万博公園のところであっ万博展に行った時は、もっと広くいろんなものが見れてその時も満喫して本当楽しかったのだけど、今回のも小規模ながら、だからこそまたじっくり見れて楽しかったー。

たまたま横のあたりで見てた男の子が、なんだかチビッ子早押しクイズ出そうな勢いのやたら知識ある小学生?君で、耳ダンボにしてその子の発言を聞いていたら、見るもの全てにウンチクの嵐・嵐・嵐…で、こいっつスンゴィな~何なんだーコイツは…(汗)
とびっくり驚きつつ、正味の話悲しいかなそこには可愛げゼロ…フンダ!!!フーンダ!!!
(→ただの負惜しみ…笑)

ま、そんな事もありまして、逆に楽しかった次第です。
Taroさんグッズもまた入手してムフフ…。
[PR]
by respect0074 | 2006-01-10 00:00 | ■日々ポツリ・・・
<< ギャランドゥ! Happy Happy Wed... >>