キャンディキャンディ

かなりSlowなペースで、何気ない事をポツリ・・・ポツリ唄うblogで御座います。

f0042034_0454828.jpg今、漫画『キャンディキャンディ』を読んどります。

お借りしたものなんだけど(Thank you♪ベル)、これが見て頂いたら分かるようにビックリするほどブットィのですよー。
一冊が異常に分厚い・・・それが二冊。
今ちょうど一冊目を読んでる途中なんだけど、いや~しかし懐かしい…。


でも昔テレビで観てた記憶はあれど、どぅ~も全く内容を覚えていなくて、今改めて初めて出会う物語かのように新鮮な気持ちで読んどります。

今まで見た夢の中で、最も印象的で朝起きた瞬間ものすごぃ幸せな気持ちになった夢。
まだ小さい頃に見たこんな夢です↓


・・・家でひとりぼっちで遊んでいた私。そこにピンポーン!とドアチャイムが鳴りました。
玄関に行き、は~いとドアを開けると、そこに立っていたのは何とキャンディキャンディ!
めちゃくちゃ好きだったので、嬉しくって嬉しくって、キャンディキャンディに家にあがってもらい二人でキャッキャ言いながら遊んでおりました。
んでしばらくして、そこに私のお友達がまたピンポーンとやってきました。
家に入るなり、キャンディキャンディを見ても~ぅ皆驚きの眼差し。
「なんでKOZちゃんの家にキャンディキャンディ居るの~?!すごぃすごぃすご~い!!」
何故か自分が褒められた気になって鼻高々な私。(勘違いも甚だしい…)
それからしばらくキャッキャキャッキャ遊んで(何したか全く記憶ないんだけど)ものすごい盛り上がってるとこに、キャンディキャンディが「じゃ、帰るね」とものすごいアッサリ帰って行ったのです。
私はキャンディキャンディが帰ってしまって、もう二度と会えない気がして、大泣き・・・。


という感じの夢だった気がしますわ。
何のオチもない普通の夢ですが、乙女心にはたまらん夢だったのですよ。
しかも泣きながら起きたような記憶が・・・。

でも何せキャンディキャンディと遊んだ事が、やたらリアルな感触で残っていて、ジュワ~ンと体いっぱいに幸せ感が満ち溢れたのを覚えてます。
それから数日間もずっとその事が夢じゃなかった気がして、毎日ピンポーン!とやってくるのを心の奥で期待して過ごしておりました。
可愛いったらありゃしないわ。

ま、当然来ませんけども・・・。

でも何だかそれでも妙~に幸せだったのよねぇ。

そんな事思い出しながら、時間見つけてはちょとずつ読んどりますー。
しかしほんまに話全然覚えてない事に正直ビックリです・・・・・・・・・。
[PR]
by respect0074 | 2007-07-12 00:54 | ■日々ポツリ・・・
<< Rhythm!!! Thanks!!! 7.7 >>