島唄

f0042034_223422.jpg先日、沖縄民謡を奏でる男・長浜健佳さん のライブに遊びに行きました。

数ヶ月前に初めてお会いして、少しお話してとっても物腰柔らかな落ち着いた魅力のある彼の人間味に触れ、是非歌声を聴けたらなと思っていたので、見れて良かったです。

沖縄の歴史や、島唄に込められた想いをポツポツと語りながら唄う、素朴そのもの。
三線を演奏しながら熱き心をメロディーに乗せて声にする彼の姿は、とっても温かかった。

久しぶりに、胸の奥の方がスーッと落ち着くような、でも熱くなるような、そんな良いバイブレーションを受けました。
とっても良い意味での人間臭さ。こういうのだけはなかなか頑張ったり作ったりして出来るものではないので、きっと彼の人間味が出てたんでしょう。


楽しい曲では、皆さんウズウズしてたのか、踊りだし、私も思わずテンション上がって、踊り方もよく分からないままに、気付いたらクネクネ踊ってました(笑)
きっと、いつも皆泡盛飲んで祭りのように騒ぎながら、島唄を楽しんでいるのだろうから、今回のカフェという場所でのライブはきっと皆遠慮がちだったんじゃないかしら(笑)
でも、一緒に混じって少しでも体感してみると、本当楽しかった。
沖縄の踊りって、とっても美しい。
女の人の踊りは、手の流れがすごくしなやかで大胆でいて繊細、でも男の人は威嚇するかの如く強いイメージ。とっても格好良い。
何かの本やらテレビでしか観た事はないのだけど、日本の各地の祭りで踊られる舞いって、本当どれも情熱的で“生”を感じられるものばかり。
すごく興味がある・・・機会があれば、いつかいろんな“祭り”を体感しに行ってみたいな。
[PR]
by respect0074 | 2007-10-25 02:37 | ■日々ポツリ・・・
<< マスコットガール?! FLOWER >>